トップ > 白ワイン > ランソス・ブランコ Lanzos Blanco

 
ランソス・ブランコ
Lanzos Blanco
ヴィンテージ 2015
産地 カスティーリャ・イ・レオン地方
生産者 アルヴァレス・イ・ディエス
飲み口 辛口
ブドウ品種 ソーヴィニヨン・ブラン、ヴィウラ
アルコール度数 12.5%
JANコード 8413498223004
 ギフト包装について
商品コード:020006395
価格:1,296 円(税込)
ポイント:12
数量:  

お髭のベニートさんからのメッセージはこちらをクリック!
※外部サイトYou Tubeが開きます


スペイン白ワインの産地ルエダ内のボデガ、アルバレス・イ・ディエスがカスティーリャ・イ・レオン地方で造る、よりお手軽でコスト・パフォーマンスの高い白ワインです。 「ランソス」はボデガがD.O.ルエダ内とその近郊に所有する自社畑の名前で、その区画のブドウを100%使用しています。グレープフルーツ、グァバ、モモを想わせるフルーツのアロマを持ち、クリスピーでドライな味わいです。
ルエダ地区は、スペインの北西部カスティーリャ・イ・レオン地方の中心部に位置、典型的な大陸性気候と石灰質と粘土層の土壌を持ち、スペインの高級白ワイン産地として知られています。かつては熟成タイプのワインや酒精強化ワインを生産していましたが、1970年代にフランスの醸造家エミール・ペイノー氏が、この産地のポテンシャルを見出し、同時期に原産地呼称の基礎が確立すると、ブドウ本来の特性を活かした果実味豊かで、より現代的な醸造のプロセスを使い始めました。重要なブドウは土着品種のヴェルデホで、フレッシュでしっかりとしたストラクチャー、キレのある味わいと共に、酸味と果実味のバランスがとれた白ワインに仕上がります。また70年代当時に植えられたソーヴィニヨン・ブランも、豊かなアロマと上品な酸味、トロピカルな果実味を持つ白ワインを生み出し、当時はヴェルデホのアロマを補うためにブレンドされていましたが、ヴェルデホの樹齢が高くなり、単一で上質の白ワインが出来るようになると、ソーヴィニヨン・ブランのみでもワインが造られるようになりました。
造り手のアルバレス・イ・ディエスは1941年創業。 1980年に創設された原産地呼称のために尽力した8つある内のボデガの1つで、ルエダの南部、ナバ・デル・レイにあります。1977年にホセ・デ・ベニート氏が会社を取得すると、1984年に自社のマンテルのブランドで世界初の有機ワインを生産するなど、当時としては画期的なプロセスを用いてワイン造りを行なっていました。現在は息子のホアン・デ・ベニート氏が当主となり、受け継がれてきた伝統を守りながら、品質の高いワインを生み出し続けています。
 
 
  氏名 : 評点 :
内容 :
入力された顧客評価がありません
 
新規会員登録&メールマガジン希望500ポイントプレゼント
  • 食材
  • イベリコ生ハム
  • イベリコしゃぶしゃぶ
  • サラミ・チョリソー他
  • オリーブ各種
  • チーズ各種
  • 魚介グルメ缶・野菜
  • スペイン伝統料理缶
  • スイーツ各種
  • ローヤルゼリー他